人間関係で悩みを抱えやすい理由

看護師の世界は、人間関係の問題が生まれやすいと言われている。看護師は、他の職種に比べて転職・退職する割合が多く、その理由として人間関係を挙げる人も多いのだ。こういった悩みはどんな職場でも多かれ少なかれ存在するが、看護師の世界で特に起きやすい理由が幾つか存在する。
一つ目の理由は、女性が多い職場であることだ。女性社会は同調意識が強いので、みんな一緒であるという空気感が重要視される。そのため、多数意見に合わせるのが目的化し、仕事上のことであっても異なる意見やストレートな発言は敬遠されるのだ。また、グループや派閥が生まれやすい傾向があり、グループの中心人物と意見が対立すれば、陰口や無視などの陰湿なイジメが起こる場合もある。
二つ目の理由は、命に関わる仕事であることだ。新人に対して注意や指導をするのは、上司として当然のことである。しかし、看護師の世界では1つのミスが患者の命取りになりかねないので、注意や指導が厳しくなる傾向があるようだ。また、慢性的な人手不足による多忙のせいで精神的な余裕がなく、口調や態度がきつくなるケースも多い。また、価値観や看護観の違いも理由として挙げられる。患者一人一人に時間をかけたい人もいれば、効率よく患者を診ることを優先する看護師もいるだろう。このような価値観や看護観の違いが、関係性を悪くする要因となることもある。
もし、職場で人間関係のトラブルを抱えた場合、自分に問題があるのか・相手や職場に問題があるのかというのを冷静に判断する必要がある。信頼できる同僚や上司に相談したり、行政の相談窓口を利用するなどして、第三者の意見を参考にするのも重要だ。~このサイト[看護師の人間関係って?]もチェック~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です