看護師は人の命を預かる仕事であり、責任が重大だ。少しの油断が、重大なミスを引き起こすこともある。また、残業や夜勤が多く、休みが少ない職場もあるようだ。そのため、体力的・精神的に多大な負担が強いられる仕事といっても過言ではないだろう。このような理由から、離職率が高い仕事ではあるが、その他の理由としてあげられるのが人間関係である。
看護師は女性が多く活躍しているため、女性特有の複雑な人間関係に悩まされることも多い。特に、夜勤の際は少人数で業務を行わなくてはならないため、苦手な人と一緒に働かなくてはならないこともある。少人数であるがゆえに苦手な人を避けることもできず、協力し合わなくてはならないのだ。しかし、せっかく専門の勉強をして看護師の仕事に就いたというのに、それらが理由で仕事を辞めてしまうというのは、非常にもったいないことである。
看護師は、正社員として常勤勤務で働く以外にも、アルバイトや派遣として働くという選択肢もあるのだ。アルバイトや派遣で働く場合、長期だけでなく短期や単発で働くことも可能となる。たとえば、検診や採血だけを専門に行う仕事や、ツアーナースという修学旅行や社員旅行に付き添う仕事もあるのだ。このような仕事であれば難しい医療行為を行うことがないため、病院勤務よりも精神的負担が軽いだろう。また、これらの仕事は期間限定で働くことができるため、複雑な人間関係に縛られることもなく、安心して働くことができるというメリットがある。