看護師が苦労すること

看護師は、比較的離職率が高い仕事である。離職率は毎年10%を超えているので、10人に1人は仕事を辞めているというのが現状だ。こうした離職率の高さには、さまざまな原因があると考えられている。
仕事がハードで責任が重いという点も、もちろん理由の一つだ。しかし、それ以上に人間関係の構築が難しいという点が大きいと言われている。実際、現場の看護師に大変なことを聞いてみると、職場の人間関係を挙げる人が多いのだ。病院は一種の閉鎖空間であり、非常に狭い範囲内の人たちと毎日顔を合わせて、チームを組んで仕事をしていかなければならない。したがって、一人でも苦手な人がいるだけで、大きなストレスが発生することもあるのだ。仲のいい人を見つけることができなければ、毎日仕事をするのが辛くなってしまうこともある。こうした心的ストレスのせいで、いくら給料がよくても辞めていってしまう人が後を絶たないわけである。
こうした現状は看護師という職業の特殊さゆえに、あまり問題にはなっていない。離職率が高くても転職が可能なので、辞めた人もまた次の病院をすぐに見つけることができるのだ。一つの病院を辞めたからといって、すぐに無職になってしまうことはないのが、医療業界のいい部分である。特に、看護師は人員不足が激しく、年中正規職員の募集がなされているので、一般の会社員のように路頭に迷うことにはなりにくい。ただ、こうした問題を解決するための工夫は求められている。希望に合わせて診療科目間を楽に移動できるシステムがある病院は、人間関係で悩むことも少なくなるだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です